世界中のすべての人は、自分の国にプライドを持っています。料理でも、観光地でも、人間の特色などなどです…多くの日本人にとって、彼らがこの国で生まれたことを非常に誇りに思っている単純な事柄がたくさんあります。

日本人1,000人を対象に調査を行い、日本人は自分の国で最も誇りに思う10のことを整理しました。

学生の皆さん、この記事を読んで「日本人が常に誇りに思う10のこと」を見つけてください。

1.社会保障

最近これについて多くの議論がありましたが、殺人事件などの凶悪犯罪はまだ発生していますが、多くの日本人にとって、彼らが住んでいる都市はまだ非常に安全です。彼らは電車の中で眠り、夕方一人で怖がることなく歩くことができます。

さらに、日本人は平和な生活を愛しており、何時間も列を乱さず我慢したり、座って多くの複雑な調合をしたピーチティーを楽しんだりできます。これは他の国では簡単に見つけることができないものであり、日本人の忍耐心、人に迷惑をかけない心については、誰もが知っていることです。

2.日本の食物

日本人は日本食について質問されると「酒と日本の料理を楽しんでいる日本人であることを誇りに思います」と答えることが多い。これは、日本の国民の伝統的な食べ物に対する誇りです。


日本人にとって、日本料理の魂は寿司、刺身、酒…そして多くの伝統的な料理です。世界中のどこへ行っても、何百もの日本料理が並ぶ日本食レストランを見つけられます。

  3.トイレはいつも清潔

日本の女性が自分の国でトイレを使うことに誇りを感じていると言っても不思議ではありません。日本のトイレは常に世界で最も清潔であると評価されています。日本人は清潔を保つことへのこだわりは、トイレが常に清潔で光沢があり、トイレでも快適に感じるので、多くの利点をもたらします。

  4.自然 四季(春、夏、秋、冬)

日本に来る観光客はいつも春か秋の時間を選んで旅行します。日本全国の道路が桜で満ちている時期や、秋の終わりの日差しの中、もみじの森が着替えて紅葉し、森をじゅうたんで敷き詰めたような風景です。そのため、日本は桜の国とみなされ、日本人は常に自分の国の独特の美しさを誇りに思っています。

  5.上品なマナー

世界で最も礼儀正しいマナーがある国を誰かに尋ねると、答えの90%は日本です。

お辞儀からおしゃべりまで、日本人は礼儀正しいライフスタイルと規範で有名です。日本の子供たちは幼いころから、自立、公共の場での静かな生活、高齢者の尊重、他者の支援について学びます。これらのことは、子供時代から大人に至るまで日本人に続いており、規則正しく、礼儀正しい社会を築いています。

  6.アニメとマンガ

日本だけでなく、世界中の多くの人々が、ポケモン、ドラえもん、コナン等  …これまで、漫画本や漫画は日本だけでなく、夢中になっています。多くの子供たちに愛されているキャラクターの故郷であり、今でもこの日の出ずる国の名を馳せています。したがって、日本人が有名なキャラクターが生まれる国に住んでいることを誇りに思うのは当然のことです。

  7.自動販売機

日本は最も意識の高い人たちであると考えられており、日本に来ると、値段がついていない無人の売店があることを、すぐに気づきます。日本の自動販売機では、高級品から日常品まで、さまざまなオプションが用意されています。

 

 

太陽が昇る国の美しさを体験するために一度この美しい国を訪れる機会があれば、これら10のことは、日本人が常に自国を誇りに思っていることです。

 

学生の皆さん

10のことは見つけられましたか。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です